スタッフブログ

エアコンは畳数で買ってはいけない!?

2021/05/13

こんにちは!夏日がちらほらあり、エアコンの買い替えを検討している人も多いのではないでしょうか。

今回は「失敗しないエアコンの選び方」のお話です。

エアコンには「〇畳用」という表示がされています。購入の際には、ここを見て選ばれるかと思います。

実はこの表示、驚いたことに60年近く前の無断熱住宅が基準であること、ご存じでしょうか?

今の家と60年近く前の家では、断熱性能が違うのは明らかですよね。

このため、畳数のみでエアコンを選ぶと暖房はオーバースペックになってしまします。

また、当然畳数が大きいと値段も高くなります。

ではどこを見ればよいのか・・・。

注目すべきは「最大暖房能力」です。

カタログを見ると、暖房・冷房ともに「能力(kw)」値が記載されています。

その下にカッコ書きで「(0.7~6.4)」などと書いてあります。この最大値に注目です!

6畳用と8畳用、10畳用と12畳用を比べてみるとそれほど差が無いことに気が付きます。

すると暖房能力とコスパで選ぶなら8畳用より6畳用。12畳用より10畳用。ということになります。

メーカーやシリーズによっても違いますので一度注目してみてください。

ただし、冷房に関してはこの法則が当てはまりません。

冷房はお家の窓の数や大きさ形、断熱性能等によって大きく条件が左右されます。

検討してみると結果的に畳数通りの機種が必要だった、という場合もありますが、

知った上で選べば、コストダウンになる場合もあります。

エアコンの交換工事もぜひ古谷ホームにお任せください!

カテゴリー: ブログ  タグ: ,
よく読まれている記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
タグ