スタッフブログ

室内熱中症予防で今年も夏を乗り切ろう!

2021/08/07

熱中症の発生場所

救急要請時の発生場所では、住宅等居住場所が2,267人で全体の40.2%を占め最も多く、        

次いで道路・交通施設が1,716人で30.5%を占めていました。

また、年齢区分別に発生場所を見ると、乳幼児(0~5歳)は「道路・交通施設」が多くを占め、

小学生となる6歳~12歳、中学生となる13歳~15歳は、いずれも「学校・児童施設等」、

「公園・遊園地・運動場等」が多く、高校生となる16歳~18歳は、「学校・児童施設等」、

「道路・交通施設」が多く、この2つで全体の半数以上を占めています。

高齢者(65歳以上)は「住宅等居住場所」が半数以上を占めています。

図10-1 発生場所別の救急搬送人員(令和元年6月~9月)

出典元:東京消防庁HP https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/topics/202005/heat.htより

予防のためには、こまめな水分補給やエアコンの温度調整と合わせ、室内の温度上昇を抑えるための

日よけ対策が重要なポイントです。

日よけリフォーム工事も、古谷ホームへおまかせ下さい!!!

カテゴリー: ブログ  タグ: ,
よく読まれている記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
タグ